セオドールミラー イメージ
セオドールミラー スマホイメージ1

■Profile

セオドール ミラー
Empire Entertainment Japan株式会社 代表取締役社長
イロコデザインジャパン 代表取締役社長

東京を拠点にニューヨーク、香港などとネットワークを結び企業、団体、非営利や個人向けにプロジェクトをデザイン、プロデュースするフルサービスのエンターテイメント会社の代表。趣味はゴルフ。超愛妻家。

セオドールミラー イメージ2
セオドールミラー イメージ スマホイメージ2

椅子へのこだわり

昨年ギックリ腰になってから、癖になっていている感じはありますね。 腰痛自体は29歳か30歳くらいからで、一回目は本当に死にそうなくらい痛くて・・・。 痛いのが習慣になって、だんだんと治っていくというか慣れていって、という繰り返しですね。 そういったこともあって、長い時間自分に合わない椅子で座った後、立ち上がった瞬間はかなり痛いです。そのタイミングでギックリ腰になるかならないかは、自分が気を付けているかいないかという差なのですが、やはり良い椅子かどうかは大きいですよね。私たちがオフィスで使っている椅子も腰をサポートしてくれるものを選んでいます。 もちろん、椅子のデザインも興味がありますし選ぶ時のポイントになります。

商品を知ったきっかけ

14歳くらいの頃だと思うんですが、親が見つけてきてくれました。当時、私は勉強が凄く好きだったし、自分の部屋の中で1日何時間も本を読んだり何か書いたり、勉強したりという毎日を過ごしていました。そんな時、親がその椅子を買ってきてくれたんです。今から33年くらい前のことなので、私が初めて座ったのは1985年とか1986年あたりだとおもいます。 その椅子を試てみたら、背骨から体重が変に骨盤が伝わっている感じがないというか、骨盤が決まった状態・アングルでい安定している感じがしたと記憶しています。当時は理化学や物理学にも興味があって-例えば橋を作るときになぜこの曲線で橋を作るのかとか-、その椅子を見て自分の体重をかけた時、すごく納得いった感じはしましたね。 足をかけて体重が伝わる感じというか全体のバランスの仕組みは左脳的に理解できますし、座り心地は右脳的で納得できて、物凄くいい。 あとは集中ができるんですよ。この椅子だと座ったら構える感じになって、集中できちゃう。 私は会社でも使い分けて、人と話したり会議したりするときは通常の椅子だけど、集中して作業するときにこの椅子に切り替えていますね。周りからから見ても「集中モード入っているなぁ」分かるので、みんなからもそっとしてもらえます(笑)。

セオドールミラー イメージ3
セオドールミラー イメージ スマホイメージ3

1日の使用頻度

オフィスにいる時間の半分くらいですかね。オフィスが4フロアに別れているので歩き回ることもありますし、もちろんオフィスにいない日、外出が続く日もあるので、「毎日何時間」というのはないですが、オフィスで座っている時間の半分くらいはこの椅子ですね。この椅子は社員からも好評で、私がいないタイミングで勝手に使われてたりもしますね(笑)。 やっぱりメリハリをつけるというのが大切ですよね。集中力がキープできる。私はスタンディングデスクにも興味があって、オフィスの何箇所かに7階、3階、1階の奥の方にもスタンディングで作業できる高さのテーブル置いています。色んなことを試しながら、働きやすい環境づくりをしていきたいなと考えています。

セオドールミラー イメージ4
セオドールミラー イメージ スマホイメージ4

特に気に入っている点

やはり自分が座った時のマインドの切り替えはできる点ですね。逆に「座っている感覚」があまり無く、体が上手くアライメントされて補正されているように感じて、まっすぐ他のもの面と向かっていけるというような気になるんです。そこが一番好き。あとは、普通の椅子に座っている時に体にかかっている荷重とか、滞っている血液の流れみたいなものが、この椅子に座ると少し解放されているような気がします。姿勢が良くなる気もする。 デザインも良いですね。やっぱり木。弊社のオフィスでも、木目のデザインや植栽は全フロアで取り入れています。木目の中でも有機的なものが好きですね。一見ガチャガチャしているように見えても、異なる高さの木と木が当たっている感じは有機的で気持ち良胃じゃないですか。

お勧めしたい人

やはりオフィスワークをしている方。その中でも席に座らないといけない時間が1日3〜4時間以上の人にはオススメしたいですね。

Variable™ balans®

バリアブル バランス

価格:¥64,500(税抜)

バリアブルバランスは、体の動きを促すと共に、個々の動きに対する反応力を高めます。 持続する動きの中での体と椅子の関係及び作用と反作用の仕組みにより、体と心にエネルギーと活力が生み出されます。 バランスチェアとして最初にデザインされた椅子「バリアブル」は、バランスシリーズの原点となる一脚です。 約30年前にデザインされたとは思えない斬新さを、今も保ち続けています。

ミラー リンクイメージ

セオドール ミラー
Empire Entertainment Japan株式会社
代表取締役社長
イロコデザインジャパン 代表取締役社長

ジョーンズ リンクイメージ

ジョーンズ栄理子
モンテッソーリ教育
インターナショナルスクール理事長
株式会社ライオンズシェア代表取締役

梅田 リンクイメージ

梅田和徳
医療法人社団京和会 KU歯科クリニックグループ理事長
日本口腔インプラント学会 専門医
厚生労働省認定 臨床研修指導歯科医