梅田和徳 イメージ1
梅田和徳 スマホイメージ1

■Profile

梅田和徳
医療法人社団京和会 KU歯科クリニックグループ理事長
日本歯科大学新潟病院 口腔インプラント科 臨床講師
日本歯科大学附属病院 総合診療科 臨床講師
日本口腔インプラント学会 専門医
厚生労働省認定 臨床研修指導歯科医

都内7カ所の医院を経営する傍らご自身も診療の第一線で活躍されている業界のリーダー的存在。 趣味はゴルフ。またスポーツ観戦やゴルフ観戦、美味しいものの食べ歩きなどアクティブな毎日を過ごされており、各業界の本物を知るイケメン名医です。

梅田和徳 イメージ2
梅田和徳 スマホイメージ2

椅子へのこだわり

私は歯科医なので椅子へのこだわりは凄くあって、歯科医って一般の患者さんから見るとあまり気づかないかもしれませんが、凄く無理な姿勢で仕事を長時間しているんですね。右利きだと右側に体をひねって手に一分間に何万回転するような器具をつけて緊張している中で器具を患者様のお口の中に入れているので、体勢はスポーツと一緒で肩幅よりも少し足を広げて腰落として重心ちゃんとバランスを取って脇を締めて、ちゃんといろいろなところに体をバランスをとりながら、万が一滑ってもしっかりと自分で止められるような体勢は大学の時に徹底的に教育されるんです。姿勢って。その椅子のポジションも細かいものを見たいから凝視します。腰、肩、首、30年40年と長い間仕事やっていくと、歯科医の大半は右利きの先生なのですが、長い間仕事をこういう姿勢でやっているから背骨が湾曲右に、右肩が下がっている人が多いんですよ。首を悪くしてヘルニアの人とか凄く多いですね。それを良くするためにあとは更に高度な精密な診療するために今は裸眼ではなく拡大のマイクロスコープみたいなものを使って正しい姿勢で診療しましょうと。それこそそういうのはヨーロッパから来ているんですよ。椅子へのこだわりというのは勿論あるので、背もたれの形だとか、角度とか、リクライニングのバネの強さとかそういうものが考えられて昔のいわゆるオフィスチェアに肘掛けが付いているようなものではなく結構デザインがどうというよりは、そういう術者の健康とかそういうものに気をつけたものがここ10年くらいは増えたと思います。非常に。

VARIABLEを知ったきっかけ

知人に紹介されて知ったのですが、北欧の特にお聞きしたことあるかもしれないですが、キシリトールってあるじゃないですか。あれはスウェーデンやフィンランドだったり、あっちの方は予防歯科の先進国でイケアに代表されるように飽きないデザインの家具というのでやっぱり北欧のデザインとか北欧の健康とか、特に歯についての予防の考え方というのは結構医療業界、特に歯科の場合は皆さん目に止まるんですよ。やはりキシリトールとか、インプラントもスウェーデンのイエテボリ大学から元々始まったりしているので、結構そういう北欧のものというのは歯科は特に目に止まってメーカーさんとかが多いんですよね。その中で、幾つかそういうメーカーで椅子を興味を持って見ている中で今回紹介されて、ただ今まで見たことが無い形のデザインに興味を持ちましたね。

梅田和徳 イメージ3
梅田和徳 スマホイメージ3

座った時の感想

見た目よりも安定感はあるなという感じですね。あとは良い姿勢をとらざるえない形ですよね。 背もたれ肘掛けがあるとそこにどうしてももたれ掛かったり頼りにするような座り方になってしまいがちですが、仕事を実際するときって前かがみでやるので結局そういうのは必要無いんですよ。だから前傾姿勢がちょっとバランス良いんじゃ無いかなと思って、足を上げるか踏ん張るかというのはちょっと別にして、そういう意味でもこういう前傾姿勢が上手くとれるなという風に、という感じです。 あとバランスボールに乗ってるような感覚で、無意識にバランスとる感覚。腹筋が勝手に付くと思う。お腹間違いなく凹むね(笑)。 こうやって普通にパソコンやる時に前傾でこうやると、勝手に前に出るから腰がちゃんと沿って良い姿勢になるのよ。 姿勢は長時間細かい作業をするので凄く重要です。医療人の健康管理、僕ら感染予防と同じくらい姿勢とか骨格の噛み合わせのバランスとも繋がってくるので、凄く重要だと思うんですよね。ある意味職業病なので。骨が歪んだりそういうの。 それ予防できるこの椅子というのは面白いと思います。

気に入っている点は

たまたま選んだ色が黒でしたが、パンフレット拝見したらちょっとやっぱりmade in japanの国産のものには無いようなカラーリングのものがあるので、やっぱり飽きのこない、でも派手では無いものだとまず思いましたし、あとはナチュラルな素材を使っているというところが、金属のものとかではなくやっぱりそれが非常に素晴らしいなと。

梅田和徳 イメージ4
梅田和徳 スマホイメージ4

お勧めしたい人

事務作業の方とか、長時間座った状態で仕事をされている方に凄く良いと思います。 椅子一つで多分色々なところが変わってくる。地面とはやっぱり接触している唯一の場所だと思うので、効果はたくさんあると思います。 また多少の前後のゆりかご的な揺れがちょっとリラックスさせるんじゃないですいかね。今このテーブルが無い状態で座りましたけど、前傾でここに手を置いたときもっと安定するんじゃ無いかなと思と思います。 後ろに荷重を掛けたときにも安定感とか揺れの、ちょっとゆりかご的な揺れがあると思うので、高い位置の目線に何か例えばあって、前に荷重掛けたときに低い目線のものに何かがあって、何かこういう気分転換しながら両方見るような場面、例えばなんでしょうか・・・。イライラ緊張みたいなものが高そうなトレーダーの人とか、たくさん目の前に画面があって常にアレしないとダメみたいな人とかにちょっとリラックスしながらするのとか良いかなと思います。

Variable™ balans®

バリアブル バランス

価格:¥64,500(税抜)

バリアブルバランスは、体の動きを促すと共に、個々の動きに対する反応力を高めます。 持続する動きの中での体と椅子の関係及び作用と反作用の仕組みにより、体と心にエネルギーと活力が生み出されます。 バランスチェアとして最初にデザインされた椅子「バリアブル」は、バランスシリーズの原点となる一脚です。 約30年前にデザインされたとは思えない斬新さを、今も保ち続けています。

ミラー リンクイメージ

セオドール ミラー
Empire Entertainment Japan株式会社
代表取締役社長
イロコデザインジャパン 代表取締役社長

ジョーンズ リンクイメージ

ジョーンズ栄理子
モンテッソーリ教育
インターナショナルスクール理事長
株式会社ライオンズシェア代表取締役

梅田 リンクイメージ

梅田和徳
医療法人社団京和会 KU歯科クリニックグループ理事長
日本口腔インプラント学会 専門医
厚生労働省認定 臨床研修指導歯科医