ブログテスト

Variable Balans(バリアブルバランス)はノルウェーのデザイナー、ピーター・オプスヴィックによって1979年にデザインされた世界で最初のバランスチェアです。1979年にコペンハーゲンの家具フェアで発表され、「座るだけで姿勢がよくなる」というコンセプトはそれまでの椅子の概念を大きく変えました。

人はずっと動かずにいることはできません。人間の体は、動いていることが前提となってつくられており、どんなに座り心地のよい椅子に座っている時でさえ、体はじっとしていることはなく動いています。勉強や仕事でのパソコン作業などを長時間していると体が疲れた、肩が凝ったと感じるのはそのためです。

バルアブルバランスが他のバランスチェアと大きく異なるのは、“座る人の動きにあわせて椅子も動くこと”。健康を考え、人間工学に基づいてつくられたバリアブルは座る人の動き=体の欲求を助けるという機能を持ちあわせています。美しい姿勢を保つことができ、さらに健康になることができるバリアブルバランスは成長期のお子様が正しい姿勢を身につけることができるだけでなく、デスクワークの多い大人にもおすすめできる最適なバランスチェア。発売から35年経った現在も、世界の40カ国もの国々で人気を得ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *